ラッシュ・ストリート・ジャパン 日本IR市場への参入を発表

2018年12月05日

北海道苫小牧オフィス開設で、更なる地域との連携を強化

北米を中心に不動産開発とエンターテイメント事業を手掛けるラッシュ·ストリートは、ラッシュ·ストリート·ジャパン合同会社の設立を発表し、日本の統合型リゾート(IR)市場参入に伴うキャンペーンの実施を公式に発表いたしました。また、以前から、北海道苫小牧市のIRのライセンスの正式な申請を行うことを計画しており、この度、苫小牧にオフィスを開設することで、地域との連携を更に強化していきます。

ラッシュ·ストリートと関連会社は、過去50年間以上にわたり米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、南米、そしてインド*で成功を収め、北米最大の不動産デベロッパーの1社へと成長しました。安定した強固な経営基盤を背景に、北米のIR市場で、最も卓越したブランドのひとつになりました。今回、ラッシュ·ストリートの経営陣は、IRによる地域経済の振興を目指す日本で、ラッシュ·ストリートがもつ地方IRの専門知識を活かし、世界最高クラスのIR施設の開発し、運営することを目的に、アジア市場参入の最初の国として日本を選びました。

ラッシュ·ストリート·ジャパンは、半世紀にわたり培ってきた不動産開発及びエンターテイメントに関する専門知識を結集し、デザインや開発専門家チームを編成することで、期日と予算計画に合わせた、最高の、その地域に最適なカスタムメイド型のIRの開発と運営を目指します。すべての開発は、地域のみなさまとの対話を通じて進められ、IRが強力な経済発展の源となり、また地域のみなさまの誇れるパートナーとなることができるように取り組んで参ります。

ラッシュ·ストリート·ジャパンは、以前から、北海道苫小牧市を理想的なライセンスパートナーとして考えており、苫小牧のIR運営事業者としてライセンスの正式な申請を行うことを計画しております。地域に根差したIR開発事業におけるこれまでの実績を鑑み、ラッシュ·ストリート·ジャパンは、苫小牧の最良のパートナーになることができると考えております。

自社のプランドを前面に押し出す一辺倒なアプローチを取るのではなく、ラッシュ·ストリート·ジャパンは、地域のみなさまと緊密に連携し、地域型IRの開発に力を注ぎます。MICEやホテル、レストラン、商業施設、美術館、幅広いアウトドア·アクティビティなど様々な施設を融合し、苫小牧の持つ元来の魅力を最大限に引きだすことで、未来につながるIRの開発·運営をお約束します。

ラッシュ·ストリート·ジャパンによる地域との包括的なパートナーシップを築くために、北海道苫小牧市に日本で初めてのオフィスを開設することになりました。

ラッシュ·ストリート·ジャパンは、苫小牧市をはじめ、地域事業者や住民のみなさまと連携し、国内外のお客さま、従業員、地域事業者を含めた様々な関係者のニーズにお応えできるIR事業の提案を目指していきます。このパートナーシップは、ラッシュ·ストリート·ジャパンの基礎となり、国際的にも評価されかつ、地域に根差したIRを創出する原動力になっていきます。

苫小牧オフィスの開設に伴い、来道したラッシュ·ストリート、共同創業者兼会長のニール·ブルームは、北海道や苫小牧の政府関係者、地域事業者と面会した際、次のようにコメントしています。

*ラッシュ·ストリートの共同創業者兼会長のニール·ブルームが経営する企業及び投資によって運営されている施設を含みます

「日本は私たちにとって非常に魅力的な市場です。私たちが掲げるビジョンや価値観に真にかなうものを手掛けることができると確信するまで、アジア市場参入は意図的に避けてきました。今回は、地域のみなさまとのパートナーシップを強く意識し、ご要望に沿った、持続可能なIRの開発·運営に、わたしたちが持つ専門的な知見と経験を全力で注ぎます。苫小牧にIRを開発することで、苫小牧や北海道が経済的な観点から発展するだけでなく、世界随一の観光地へと変革を遂げることができるよう努めて参ります」

また、最高財務責任者であるティム·ドレフコフは、次のようにコメントしています。

「ラッシュ·ストリート·ジャパンは、日本市場での事業展開を長期的な戦略と捉えており、すでにあるモデルをそのまま使うという考ではなく、カスタムメイド型のIR開発を目指しています。それは、他の地域で成功したとしても、それが苫小牧でうまく機能するとは限らないからです。これまでの数年に渡り、ラッシュ·ストリートは日本、とりわけ北海道で多くの時間を過ごし、地域のみなさまやIR施設のホストとなる関係者の方々の考え方を聞かせて頂きました。その結果、地域の一部として機能するIRを建設することが非常に重要なことであることの重要性再確認することができ、今後、日本チームと連携し、地域に長期的かつポジティブな影響を与えるIRが提供できるよう、みなさまとともに歩みたいと考えてい
ます」

PDF版のダウンロードはこちら