ラッシュ・ストリート・ジャパン、ジャパン・ゲーミング・コングレスに参加

2019年05月15日

環境に配慮したサステナブルなIR開発に向けて

2019年5月15日 – 北米を中心とした不動産開発とエンターテイメント事業の知見を活かし日本における統合型リゾート(IR)の実現を目指すラッシュ・ストリート・ジャパン合同会社(以下、ラッシュ・ストリート・ジャパン)は、2019年5月16日(木)、17日(金)にコンラッド東京で開催される「第4回ジャパン・ゲーミング・コングレス(以下、JgC)」に協賛し、最高財務責任者のティム・ドレフコフと法務及びコンプライアンス部門ヴァイス・プレジデントのローラ・マクアリスター・コックスがパネル・セッションに登壇しますことをお知らせいたします。ビジネスコンソーシアムの形成やIRがもたらす地域社会への影響などのセッションテーマに基づき、ラッシュ・ストリート・ジャパンが掲げる、環境に配慮したサステナブルなIRの開発と運営に向けたアプローチについて説明する機会といたします。

ラッシュ・ストリートは、地域の特性を活かしゼロからIRを開発・運営することを強みとしており、北米では地域の良きパートナーとして、開発計画の段階から地域と協働するアプローチが評価されています。イリノイ州で開発した施設はIR市場で初めて環境性能評価システムであるLEEDのゴールド認証を取得しています。日本でもこれまでの経験を活かし、エネルギー効率に優れ、人と環境に配慮あるIRを目指すことで、環境・サステナビリティの分野でリーダーシップをとり、地域の発展につながる施設の開発と運営を目指します。

今回登壇するドレフコフは次のように述べています。「JgCは業界のリーダーや関係者が一堂に会し、日本にとって最適なIRの実現するために知見を出し合あう貴重な機会です。ラッシュ・ストリートは北米6か所でIRを開発してまいりましたが、それらの全ては異なる特長を持つ施設で、地域経済をけん引する存在となっています。日本においても当社の専門知識を活かし、地域のパートナーと協働し、環境やサステナビリティを重視した世界に誇れるIRの実現を目指します」。

5月17日(金) ラッシュ・ストリート・ジャパン、パネル・セッション登壇スケジュール

ローラ・マクアリスター・コックス、コンプライアンス部門ヴァイス・プレジデント
日時:5月17日(金)12:25~13:00
テーマ: 社会的保護措置と責任あるギャンブルという意識の啓蒙:国際的な例

ティム・ドレフコフ、最高財務責任者
日時:5月17日(金)16:00~16:45
テーマ: 国際統合型リゾートコンソーシアムの設立:地場協力企業の獲得と国際的エキスパートとの
コラボレーション

※登壇日時は、急遽変更になる可能性がございますことをご了承ください。

PDF版のダウンロードはこちら