周辺環境への配慮

人と環境に配慮し、持続可能なIR開発

開発地域コミュニティのニーズに応えたIR開発を最優先するのが私たちラッシュ・ストリートの基本理念です。ここ北海道でも、計画段階から地元の方々が営む事業や生活について理解を深め、事業開発の計画へとつなげる作業に長い時間を費やしてきました。

なかでも周辺環境への配慮は大きな命題です。私たちは二酸化炭素削減のみならず、人と環境に配慮したデザイン、持続可能性、そして運営の効率化などあらゆる面で模範となる経営を目指し、IR開発と運営を地域の発展につなげていきます。

美しい自然環境に配慮した開発

北海道でのIR開発は、自然環境の保全に細心の注意を払った事業開発が不可欠です。IR市場で初めて環境性能評価システムであるLEEDのゴールド認証を取得した施設の開発の知見を活かし、北海道の美しい自然環境に配慮した開発を目指します。

スマートな移動手段

不必要な車両の運転を減らすため、IRを訪れるゲストや従業員には、シェアライドの利用を推奨します。また地元の運送業社と協力し、環境に優しい電気または水素燃料系の車両を積極的に活用していきます。

エネルギー効率向上の徹底

エネルギー消費を低減するのにもっとも効果的な方法は、消費の元となるエネルギーの利用を可能な限り抑えることです。施設の設計においては、自然光の有効活用やエネルギー効率の高い建築構造の採用が重要で、冬場には太陽光を最大限活用しつつ、夏の暑さは十分に遮断するなど、エネルギーの消費効率向上の徹底を図ります。

資源の再利用・リサイクルを牽引

廃棄物を減らし、リサイクルを奨励する模範的な運営を目指します。製品、食品、飲料を運搬するダンボールは、一括回収しリサイクルします。また宿泊施設の各部屋にもリサイクル用のゴミ箱を備え付けるだけでなく、IR施設内でも資源の分別回収を徹底します。調理で使われた油も回収・リサイクルし、食品廃棄物は堆肥にして再利用します。